Read more

基礎講義.

院長が講師の院内自主勉強会があります. 用意等々のお手伝いを仰せつかっておりますが,勉強会の開催に関わっておきながら指名されても答えられない…などという失態を晒さないためにも,院長が資料作成の参考にしている本をこっそりと予習しようとたくらんでいます. 精神医学サブノート 南江堂 このアイテムの詳細を見る 結構な値段がするのね…と躊躇している間に,気がついたら勉強会は明日. 気になった本はさっさと買っ...

Read more

私,「うつ病」だと思うんです.

日々仕事をしていて思うことの一つに,あまりにも自称「うつ病」の方が多いというのがあります.「うつ病はこころの風邪」と言われ出して久しいですが,良い意味でも悪い意味でもこの言葉が身近になってきているみたいですねぇ. 雑誌やWEBサイトのチェックリストで「あなたはうつ病」と診断(!)された方が,医療機関を受診する.ところがチェックリストでひっかかったからと言って,「そうですね.あなたはうつ病ですね」と言...

Read more

倫理.

11/22付けのpsy-pubさんのエントリ【倫理は】朝,目を覚まして,最初に考えたことは何【大事】で,面白そうな本が紹介されていました(いつも面白い本ばかり紹介されているので,密かに毎日拝読してたりします). 心の専門家が出会う法律―臨床実践のために 誠信書房 このアイテムの詳細を見る いかにもPSWに関係ありそうな本ではないですか.さっそくポチっと購入しました.レビューはまた後日にでも(本当か?)...

Read more

訃報

斎藤茂太氏亡くなる。...

Read more

高次脳機能障害

最近勤務先の病院にも高次脳機能障害の患者さんが受診・入院されることも少なくありません。インテーク面接に入ったは良いけど、「高次脳機能障害のことはよくわかりません」ではお話にならないということで、この本を買ってぼちぼちと読んでいます。当たり前ですが、奥が深い。読み終えるにはまだまだかかりそうです。 高次神経機能障害の臨床実践入門―小児から老人、診断からリハビリテーション、福祉まで 新興医学出版社 こ...

Read more

懐かしい

学部3年生の頃、指導教官が担当していた講義の教科書だった,Pinnelの『Biopsychology』。 今では日本語訳が出てるんですね。必死こいて訳してたのが懐かしいです。 ピネル バイオサイコロジー―脳 心と行動の神経科学 西村書店 このアイテムの詳細を見る 当時の自分の日本語訳と比べてみたいもんです。...