Read more

社会福祉の専門職は自らの値打ちも認めて

社会福祉の専門職は自らの値打ちも認めて 鉄道弘済会は7月30、31日の両日、「漂流する社会福祉からの脱出」と題して「第46回社会福祉セミナー」を開催した。30日には、社会福祉のあすに向けた行政、専門職、市民の役割についての講座が開かれた。【関連記事】生きる意欲を引き出すケアマネジメントをケアマネジメントの在り方で議論医療保護入院の撤廃求める声が相次ぐ-厚労省検討会家族を在宅で看取るための多職種連携とは地域...

Read more

尾道の学校支援員 「解決力」で増す存在感

尾道の学校支援員 「解決力」で増す存在感 '09/7/20 学校にはさまざまな問題を抱えた子どもがいる。原因が家庭環境に根差すケースも多いが、教師はなかなか家庭には入りにくい。 そこで両者をつなぎ、問題の根を解きほぐし、子どもを支える役割を果たすのが「スクールソーシャルワーカー」だ。学校支援員とでも訳したらよかろうか。 尾道市教委が、単独事業として制度化し、7月から二つの小学校にそれぞれ1人を配置した。昨...

Read more

大学内に社会福祉法人が運営する食堂が増加中 群馬

大学内に社会福祉法人が運営する食堂が増加中 群馬2009.7.25 03:18 群馬県内の大学で、社会福祉法人が運営する食堂が増えている。障害者が調理や接客に主体的に参加し、貴重な就労訓練の場となる一方、夏休みなどの長期休暇による不安定な営業形態から業者に敬遠されがちな学食への参入には、大学側も歓迎。全国的にも非常に珍しいといい、福祉・大学関係者の注目を集めている。 毎日のメニュー管理、原価計算の補助-。脳性マ...

Read more

専門家が家族問題ケア 尾道

専門家が家族問題ケア 尾道 '09/7/11 尾道市教委は今月から、不登校や暴力行為など家庭がかかわる問題の専門家「スクールソーシャルワーカー」を配置した。国の全額補助事業を受けて昨年度配置したが、好評なため単独事業で継続した。本年度は対象を中学生にも広げ、各学校や家庭を訪問する。 不登校やいじめ、児童虐待、暴力行為、経済的困窮などあらゆるケースを想定して対処にあたる。市教委は社会福祉士の資格を持つ2人を...

Read more

関係機関と学校との“橋渡し役” スクールソーシャルワーカー 派遣人数激減

関係機関と学校との“橋渡し役” スクールソーシャルワーカー 派遣人数激減2009.6.30 02:50 不登校などの問題を抱える生徒の心のケアだけでなく、家庭環境などの改善にも取り組むスクールソーシャルワーカー(SSW)が、群馬県内に導入されて2年目を迎えた。その効果を高く評価する声がある一方で、財政上の理由から、今年度は派遣人数を縮小したのが実情。県義務教育課では「まだ手探りの状態だが、ニーズも出てきており、何...

Read more

「甘え」の構造 土居健郎さん死去、89歳

「甘え」の構造 土居健郎さん死去、89歳2009年7月6日10時40分 土居健郎さん=1992年2月6日、聖路加国際病院、小林修撮影 「『甘え』の構造」などの著書で知られる精神医学者の土居健郎(どい・たけお)さんが5日午後3時27分、老衰のため死去した。89歳だった。葬儀は身内だけで行い、後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男望(のぞむ)さん。 東京都生まれ。71年の著書「『甘え』の構造」(弘文堂)は1...

Read more

障害年金:てんかんで申請時、精神科医以外も診断書

障害年金:てんかんで申請時、精神科医以外も診断書 社会保険庁は障害年金の申請を巡り、てんかんの診断書を作成する医師の要件を緩和する方向で見直すことを決めた。現在は精神科医に限っているが「患者の実態に合わない」との指摘がてんかんの関係団体などから出ていた。 てんかん患者は幼児期に発症して小児科医の診療を長年受けるケースが少なくないが、年金の申請上は精神障害に区分される。社保庁の通知によると、精神障害...