Read more

精神保健指定医の高齢化と地域偏在を指摘―日精協

精神保健指定医の高齢化と地域偏在を指摘―日精協  精神保健指定医のうち60歳以上が占める割合は23.2%で、全診療科で見た場合の19.5%よりも高かったことが、日本精神科病院協会(日精協、鮫島健会長)の調べで分かった。日精協の山崎学副会長は9月25日に開かれた日精協の定期代議員会で調査結果を報告し、「精神保健指定医の高齢化と地域偏在がある程度実証された」と述べた。【関連記事】新政権「期待しつつ見守る」―日精...

Read more

児童虐待:児相が24時間相談電話 被害後絶たず

児童虐待:児相が24時間相談電話 被害後絶たず 深刻な児童虐待が後を絶たないことを受け、厚生労働省は10月1日から、24時間態勢の共通ダイヤル(0570・064・000)の運用を始める。全国201カ所の児童相談所のうち180カ所につながる。各地の児相の番号が十分知られていないことから、緊急度の高いケースに速やかに対応する目的。 相談者が共通ダイヤルに電話すると、管轄の児相に転送される。PHSや一部...

Read more

行き場なく…認知症の長期入院急増 実態把握、後手に

行き場なく…認知症の長期入院急増 実態把握、後手に 病院に長期入院する認知症の患者が急増している。退院後の受け入れ先が見つからず、病院でケアを続ける「社会的入院」も広がりつつあるが、国はその実態も把握できていない。今後の精神医療や福祉のあり方に関する厚生労働省の有識者検討会が24日、最終報告書を公表したが、認知症の入院患者を将来どの程度に抑えるかという目標値は、「現時点では実態把握が不十分」として...

Read more

ニュース裏おもて:自殺のサイン見逃すな! 地域で支える仕組みを /熊本

ニュース裏おもて:自殺のサイン見逃すな! 地域で支える仕組みを /熊本 ◇ゲートキーパー養成へ講座開設 全国の自殺者数は11年連続で3万人を超え、県内でも昨年468人に上った。早急に対策が求められる中、自殺のサインに早期に気づき、専門の相談機関や医療機関につないで自殺者を減らす役割をする「ゲートキーパー」が注目されている。どのような取り組みなのか、17日に熊本市水道町の県精神保健福祉センターであっ...

Read more

障害者自立支援法訴訟:国、争う姿勢転換 広島地裁弁論で表明へ

障害者自立支援法訴訟:国、争う姿勢転換 広島地裁弁論で表明へ 障害者自立支援法で定める福祉サービス費の原則1割負担(応益負担)は「生存権を侵害するもので違憲」として、全国の障害者が国などに負担撤廃を求めた集団訴訟で、全面的に争ってきた国が従来の姿勢を転換する方向で準備を進めていることが関係者への取材で分かった。長妻昭厚生労働相が19日、同法の廃止を明言したことを受けたもので、早ければ24日に広島地...

Read more

理系博士を教育界へ…広島大で会合

理系博士を教育界へ…広島大で会合 養成の仕組み提案 博士号取得後に就職先が見つからない学生が増加していることから、理系の人材が不足している教育界への道を模索する会合が、広島県東広島市鏡山の広島大で開かれた。 同大で15~17日に開かれた日本地球化学会の中で行われた。横浜国立大教育人間科学部の津野宏准教授は、全教科担当の小学校だけでなく、理科専門で採用する中高でも、中学校と高校の両方の免許取得が採用の...

Read more

滋賀医科大がスーパーナース育成 医療の高度化に対応

滋賀医科大がスーパーナース育成 医療の高度化に対応2009年9月24日 看護の質を高めるため、滋賀医科大病院看護部(大津市)は、看護学生から現役看護師まで幅広く指導できる総合的な看護教育者「スーパーナース」の育成に乗り出す。看護職のスキルアップを図る国の事業に今夏採択された。医療の高度化などに対応する看護教育プログラムを開発し、県内の看護人材の育成と確保を目指す。 臨床現場での新人看護師の教育は、先輩看...

Read more

保護者の苦情対応、弁護士や医師ら協力…兵庫・姫路市教委 1学期で12回助言

保護者の苦情対応、弁護士や医師ら協力…兵庫・姫路市教委1学期で12回助言 兵庫県姫路市が学校に寄せられる保護者からの苦情や要求について対応する「学校サポート・スクラムチーム」に、今年度から法律や医療、心理学の専門家3人が加わった。1学期はそれぞれで計12回の助言を行い、各校で好評を得ているという。 全国の小中学校では、学校長や教師に不当な要求を突きつける「モンスターペアレント」と呼ばれる保護者が問...

Read more

不登校児童 0.46%527人 岡山県内08年度 前年度並み 全国3番目の高水準

不登校児童 0.46%527人岡山県内08年度 前年度並み全国3番目の高水準 岡山県内の小学校で2008年度、病気や経済的理由など以外で学校を年間30日以上欠席した「不登校」の児童数は前年度と同じ527人だったことが、文部科学省の学校基本調査(速報値)で分かった。依然として高水準で、全児童数に占める割合も0・46%と、47都道府県で3番目に高かった。 調査によると、県内432の国公私立小学校に通う...

Read more

精神医療改革:見直し報告 「統合失調」入院15万人に 14年めど4万6000人減

精神医療改革:見直し報告 「統合失調」入院15万人に 14年めど4万6000人減 ◇病名で目標値 国が04年に策定した精神医療の改革ビジョンの見直しを進めていた厚生労働省の検討会は17日、05年に19万6000人だった統合失調症の入院患者を14年までに4万6000人減らし約15万人とする新たな数値目標を盛り込んだ報告書をまとめた。これまでは、社会で受け皿が整えば退院可能な「社会的入院」患者約7万人...

Read more

全精社協基本財産、無断引き出し 残金20万円 施設運営に流用か

全精社協基本財産、無断引き出し 残金20万円 施設運営に流用か 厚生労働省が所管する社会福祉法人「全国精神障害者社会復帰施設協会」(全精社協、東京)の補助金不正流用疑惑で、今年4月時点で1800万円あるはずの全精社協の基本財産が何者かに引き出され、二十数万円しか残っていないことが同省の特別監査でわかった。社会福祉法人の存立基盤である基本財産がなくなったことは、事実上の破綻(はたん)を意味する。同省は...

Read more

障害者自立支援法、厚労相「廃止していく」

障害者自立支援法、厚労相「廃止していく」 長妻厚生労働相は19日、厚労省内で記者団に、障害者自立支援法について、「廃止していくと申し上げている」と述べ、廃止して新制度を導入する方針を強調した。 同法の廃止は、障害者にも相応の負担を求めてきた障害者行政の転換につながることになる。ただ、廃止時期や新制度の内容については、厚労相は「どういう制度にするのか、今後詰めていく。論点整理に取り組んでいる」と語り...

Read more

教員免許の更新制度廃止へ 民主・輿石氏が明言

教員免許の更新制度廃止へ 民主・輿石氏が明言こういうことになるから、私は民主党には入れませんでした。精神保健福祉士も含めて、全ての国家資格は更新制にすべきだと思うんですが、どうでしょうか。専門職の質の担保という意味で必要なことだと思います。広島・三原の元小学教諭強制わいせつ:教え子女児強姦46件、元教諭に懲役30年教え子の女子中学生にわいせつ=教諭を処分へ-北海道・旭川小学校教諭が酒気帯び運転=接...

Read more

介護福祉士の養成校、定員1割減 厚労省調べ

介護福祉士の養成校、定員1割減 厚労省調べ 厚生労働省の調査によると、介護現場を支える介護福祉士の養成学校の定員数は2009年度に2万2761人となり、前年度に比べて約1割減った。減少は3年連続。介護職を敬遠する若者が多いことなどを背景に、専門学校などが定員数を減らしている。 介護福祉士は国家資格で、専門学校や短期大学などで国の指定する講座の受講を終えると取得できる。09年度は定員数が減った半面、定員に占め...

Read more

介護施設整備 どうなる都市の高齢者

社説:介護施設整備 どうなる都市の高齢者 高齢化が問題なのは過疎地だけではなく、むしろ都市部が深刻な事態に直面していることをもっと知るべきだ。高度成長期に都市部に流入した団塊世代の高齢化はすでに始まっており、特に首都圏(1都3県)では2005年からの10年間で65歳以上の人口が270万人も増え、75歳以上も150万人増える。15年の首都圏の高齢化率は25%になるのだ。 そのため介護施設は急ピッチで...

Read more

福祉職人気「志と覚悟を」 激務、低い定着率/「ありがとう」が支え

福祉職人気「志と覚悟を」激務、低い定着率/「ありがとう」が支え入所者と笑顔で話す介護福祉士(秋田市飯島の三楽園で) 雇用環境が冷え込む中、慢性的に人手不足に苦しむ福祉の世界へ飛び込む求職者が増えている。雇用の受け皿としての期待が高まっている福祉分野だが、元来、定着率が低い現状に悩まされてきた。継続して働いてくれる人材が欲しい現場からは「大変な仕事と覚悟した上で、福祉職を目指してほしい」と、声が上が...

Read more

【ゆうゆうLife】医療や介護 専門家が相談窓口

【ゆうゆうLife】医療や介護 専門家が相談窓口2009.9.10 07:27 病院や診療所などで医療や介護などに関する相談を受ける「医療ソーシャルワーカー」が、一般家庭からの相談に応じる。 相談内容は、(1)介護保険と医療保険に関すること(2)高齢者や子供の医療、福祉で困っていること(3)母子家庭の医療と福祉に関すること(4)転院先やリハビリ先探し(5)生活保護に関すること-など。 主催の東京都医療社会事業協...

Read more

中高年男性の自殺、飲酒も関係 衝動性高める危険指摘

中高年男性の自殺、飲酒も関係 衝動性高める危険指摘  中高年男性の自殺に飲酒が関係――。国立精神・神経センター自殺予防総合対策センター(東京)が遺族から聞き取り調査した結果、こんな傾向が浮かび上がってきた。自殺する1年以内に、アルコールで仕事に支障をきたすなどの問題を抱えていた事例が目立ったという。 主に06年以降の自殺者について、精神科医らが遺族から自殺に至った経緯などを聴き、自殺の背景を分...

Read more

自殺者2割にアルコール問題=大半が40~50代-国立精神・神経センター

自殺者2割にアルコール問題=大半が40~50代-国立精神・神経センター 国立精神・神経センター自殺予防総合対策センターは8日、自殺者の23%がアルコール依存症など飲酒にかかわる問題を抱えていたことが、遺族への聞き取り調査で分かったと発表した。同センターは「これまでは自殺とアルコールとの関連はあまり指摘されてこなかった。精神科医の知識も少ない」として、精神科医のアルコールに関する診断能力を向上させる...

Read more

精神科通院中に自殺、病院機構に賠償命令

精神科通院中に自殺、病院機構に賠償命令 仙台医療センター(仙台市)の精神科に通院していた山形県米沢市の女性が2005年、センター内で自殺を図ったのは担当医師の対応が不十分だったためとして、遺族が国立病院機構(東京都)に約1億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で仙台地裁(沼田寛裁判長)は31日、約3300万円の支払いを命じた。 沼田裁判長は「女性はうつ病か人格障害とみられる症状があり、事故以前にも自殺を...

Read more

精神科体制整備のモデル事業案を大筋了承-都地域医療部会

精神科体制整備のモデル事業案を大筋了承-都地域医療部会  東京都地方精神保健福祉審議会の精神科地域医療部会(部会長=水野雅文・東邦大医学部教授)の2回目の会合が9月4日に開かれ、事務局側が提示した地域での精神科医療提供体制整備のために実施するモデル事業案を大筋で了承した。【関連記事】精神科救急医療の実態調査を提案-東京都精神科医療ネットワークモデル事業の議論開始-東京都精神障害者を地域で支える医...