Read more

問題行動解決へ意見交換 学校ソーシャルワーカー

問題行動解決へ意見交換 学校ソーシャルワーカー 県教委は17日、教育課題に関する認識を深める教育関係者懇談会を県庁で開いた。児童生徒の問題行動を解決するため学校と関係機関との仲介を担うスクールソーシャルワーカー5人と、遠藤亮平教育長、鍋倉伸子教育委員長らが意見を交わした。 スクールソーシャルワーカーらは子どもの問題行動は複数の要因が重なり、解決には的確に原因を把握した対応が求められると事例を挙げて...