Read more

自閉症:オキシトシン投与で知的障害者の症状改善 金沢大

自閉症:オキシトシン投与で知的障害者の症状改善 金沢大 脳内ホルモンの一種「オキシトシン」の投与で重度の知的障害のある自閉症患者の症状が改善したと、金沢大・子どものこころ発達研究センターが23日、発表した。主治医の棟居俊夫・特任准教授は「知的障害のある患者で効果が確認された例は初めて」としている。 オキシトシンは出産時に大量に分泌され、子宮や乳腺の収縮などに作用、陣痛促進剤などとして使われている。...

Read more

総合福祉部会:障害者新法で初会合

総合福祉部会:障害者新法で初会合 障害者自立支援法に代わる新たな法制度を検討する政府の障がい者制度改革推進会議の専門部会「総合福祉部会」(部会長・佐藤久夫日本社会事業大教授)の初会合が27日、開かれた。委員は障害者や家族など障害者団体幹部や有識者55人で、発達障害や難病の団体幹部も加わった。来年度予算への反映を視野に、課題を委員から聴取。低所得者の医療費負担軽減のほか、グループホーム補助など地域支...

Read more

ソーシャルワーカー:摂津市、全5中学区に配置 専門知識で教員ら支援 /大阪

ソーシャルワーカー:摂津市、全5中学区に配置 専門知識で教員ら支援 /大阪 子どもを取り巻く環境を把握し、不登校や非行などの解決につなげようと、摂津市教委は全5中学校区に専門知識を持つスクールソーシャルワーカー(SSW)を配置した。今年度予算に294万円を計上。すべての中学校区にSSWを派遣するのは、複数の中学校区がある府内自治体で初めてという。 市教委学校教育課によると、08年度から府事業で1中...