Read more

認知症入院、15年後9万人に 精神科で1・8倍

認知症入院、15年後9万人に 精神科で1・8倍 厚生労働省は26日、認知症で精神科病棟に入院する患者について、08年に5万2千人だったのが、今から15年後の26年には約1・8倍の9万2千人に増えるとの推計を省内の有識者検討会で示した。 厚労省は急激な増加に対応するため、退院後も自宅などで医療や介護を受けられる支援態勢を整えた上で入院期間を短縮し、15年後の入院患者数を8万7千人以下に抑える目標を設...