学校にソーシャルワーカー 文科省が08年度から

東京新聞 2008年1月6日 17時00分

 虐待や育児放棄、経済的な困窮など深刻な問題を抱える家庭の保護者や子どもに対し、専門的な見地で対応をするため、文部科学省は6日までに、2008年度から公立小中学校で活動する「スクールソーシャルワーカー」を、全都道府県計141地域に配置することを決めた。

 不登校やいじめ、暴力行為など子どもの問題行動には家庭環境が影響しているケースも多く、教員だけでは十分対応できない状況も増えている。恒常的に専門家の協力を得られる仕組みを整えることで、家庭状況に合った対応を可能にすると同時に、教員の負担を軽減する狙いもある。

 スクールソーシャルワーカーの主な役割は学校と関係機関との仲介。深刻な問題を抱えた保護者や子どもの実態を把握した上で、個々の状況に応じ福祉施設や警察、ボランティア団体などに協力を要請する。生活保護や就学援助の申請手続きを助言することなども想定している。
(共同)

--

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
今年こそは頻繁なblogの更新を心掛けます。

年明け早々,興味深いニュースですね。環境からアプローチする視点と,当事者と共に考える姿勢を旨とするソーシャルワーカーが,教育現場に配置されることには大きな意義があると思います。

しかしスクールカウンセラーの方はどうなるんでしょうね。理想としては心理とワーカーが両方いて,お互いに連携できると良いんでしょうが,現実には難しいでしょうね。2職種を配置はおろか,そもそも配置されなかったり,配置されても常勤ではなかったりしそうです。さらには教員からかなりの抵抗を受けるのは間違いなさそうです。

この話って社会福祉士協会や精神保健福祉士協会に打診はあったんでしょうかね。まだ調べてないのでよく分かりませんが,スクールソーシャルワーカー協会ってのもあるみたいですし,一体どこの団体が中心になって音頭を取るんでしょう。どなたか詳しい方,教えていただけると大変嬉しいです。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する