爆破予告:彦根・福祉保健センターに 来庁者ら200人が避難 /滋賀

爆破予告:彦根・福祉保健センターに 来庁者ら200人が避難 /滋賀

 彦根市平田町の市福祉保健センターに4日、「爆弾を仕掛けた。5日正午に爆破する」という内容の手紙が届いた。県警機動隊爆発物処理班など計四十数人が5日朝、現場を調べたが、爆発物は見つからなかったという。県警は業務妨害容疑で捜査している。

 同センターには市の福祉関係各課や障害者福祉センターなどがある。5日午前11時~午後1時、職員全員と来庁者の計約200人が建物外に避難した。

 県警彦根署によると、手紙は封書で届き、ワープロで作成されていた。彦根郵便局の消印があったという。

 センターは、午前中の相談事業は早めに打ち切り、午後の生活保護費支給は時間をずらして対応した。職員らの避難中に約100人がセンターを訪れたほか、36本の電話があったという。周辺約50戸にも広報したが、大きな混乱はなかったという。毎日jp【松井圀夫】
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する