全国刑務所に社会福祉士配置 法務省、高齢出所者の自立支援

全国刑務所に社会福祉士配置 法務省、高齢出所者の自立支援

 法務省は19日、4月から全国の刑務所と更生保護施設に120人以上の社会福祉士らを配置する方針を決めた。高齢や障害を持つ出所者らの社会復帰を手助けするのが目的。知識不足などから福祉サービスを受けられない例が多く、生活の困窮から再犯に走りがちとの問題が指摘されていた。
 厚生労働省が全国に整備予定の「地域生活定着支援センター」(仮称)とも連携、再犯防止を進める。(20日 18:08)

NIKKEI NET
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する