高次脳機能障害


最近勤務先の病院にも高次脳機能障害の患者さんが受診・入院されることも少なくありません。インテーク面接に入ったは良いけど、「高次脳機能障害のことはよくわかりません」ではお話にならないということで、この本を買ってぼちぼちと読んでいます。当たり前ですが、奥が深い。読み終えるにはまだまだかかりそうです。



高次神経機能障害の臨床実践入門―小児から老人、診断からリハビリテーション、福祉まで 新興医学出版社 このアイテムの詳細を見る


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する