患者らと探る病院の在り方 広島国際大、呉で講座

患者らと探る病院の在り方 広島国際大、呉で講座
'09/5/9

 広島国際大は十六日、公開講座「地域の医療を担う みんなの病院私たちの病院」を呉キャンパス(呉市広古新開)で開く。患者と医療従事者が一緒に病院の在り方を考える。無料で、受講生を募集している。

 聖路加看護大の井部俊子学長とNPO法人卒後臨床研修評価機構の岩崎栄専務理事が、これからの病院に期待することや医療の安心、安全などをそれぞれ講演する。

 医療ソーシャルワーカー、看護師、臨床工学技士などとして全国の病院で働いている広島国際大の卒業生五人も勤務実態、やりがいや課題などを話す。

 開学から十年がたち、医療福祉系の大学として地域に親しんでもらおうと初めて学科を横断する公開講座を企画した。午後一時半~四時半。定員三百五十人。電話かファクスで申し込む。呉庶務課Tel0823(73)8987。

中国新聞

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する