旧療育センター、社会復帰支援施設へ/清水桜が丘病院

旧療育センター、社会復帰支援施設へ/清水桜が丘病院

  精神科の清水桜が丘病院(清水幸彦理事長)=釧路市桜ケ岡8の1=は退院患者の社会復帰を支援する生活訓練施設などとして活用するために隣接する旧釧路市療育センターの建物と跡地を釧路市から買い取り、7月までに整備を進めることになった。釧路市療育センター(こばと学園・わかば整肢園)は釧路市住吉2丁目の釧路市夜間急病センターのビル内に移転したため、清水桜が丘病院に隣接する釧路市桜ケ岡3丁目102の跡地(9265・91平方m)と旧建物(延べ床面積759・05平方m、車庫(同97・74平方m)の利活用が注目されていたが、4月24日に釧路市議会の承認を得て、清水桜が丘病院が精神科患者の社会復帰のための施設として活用を図ることになった。

釧路新聞

関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する