ほんのひとこと


 先日,聴覚障害をお持ちの方のインテーク面接をさせていただだく機会がありました.



 手話通訳者さんと一緒に来られていたので,インテーク面接自体は滞りなし.面接の最後に,以前にひとつだけ覚えた手話をふと思い出し,ドキドキしながら「わかりました」という手話を使ってみた.



 そのときの相手の嬉しそうな顔ときたらなかった.「あー!手話がわかるんだねぇ!」とニコニコ.「次に来たときも,あなたに担当して貰えるの?」とも言っていただいた.



 ほんのちょこっと勇気を出して試みたことで,相手の立場に近づこうとすることの大切さを再確認.相手と全く同じ立場にはなれないけど,そこへ近づこうとする努力はできるんじゃないか?>自分.その努力を,忙しさにかまけて怠り気味だったことを反省.



 次回来院時までに,もう少し手話について勉強しておこうっと.



すべての医療スタッフのための使える!医療手話 学研 このアイテムの詳細を見る




手話で必見!医療のすべて 外来編[DVD] 全日本聾唖連盟 このアイテムの詳細を見る




医療手話辞典―病院ですぐに役立つ手話2 広島県手話通訳問題研究会 このアイテムの詳細を見る


関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する