A・エリス氏死去 米臨床心理学者

A・エリス氏死去 米臨床心理学者

2007年7月25日 11時00分

 アルバート・エリス氏(米臨床心理学者)24日、ニューヨークの自宅で死去、93歳。エリス氏が設立したアルバート・エリス研究所幹部が明らかにした。AP通信によると、死因は心臓や腎臓の機能不全。

 現代を代表する心理療法家の1人で、理性感情行動療法(REBT)創始者として知られる。同研究所によると、1950年代にREBTを発展させ、59年に同研究所を設立。著書の邦訳として「怒りをコントロールできる人、できない人-理性感情行動療法(REBT)による怒りの解決法」(共著)などがある。(ニューヨーク共同)

東京新聞

心よりご冥福をお祈り致します。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する