「精神外科」がご専門だそうで

いろいろと大変な朝青龍ですが,最初に診察して診断を下した本田昌毅医師も大変ですね。

「精神保健指定医」詐称ってのなんらかの罰則ってないんでしょうかね?精神保健福祉法第4章の1にはざっとみた限りないようです。公務員ではない者が公務員だと名乗ることへの罰則(精神保健指定医はみなし公務員)とかないのかな?いわゆる指定医業務を行った訳ではないから,該当しないか…まぁ罰すればそれで良い訳ではないですけど,何らかの制裁を加えたいと思ってしまうのは,まだまだ自分が未熟なせいでしょうか。

ところでこの先生,「精神外科」も手がけられるそうで,たった2年しか精神科の経験がない先生の手には負えそうにない,かなり危なっかしいことにまで手を出されているようですね(皮肉)

(リンク先にもあるように,現在ではロボトミー手術に代表される精神外科的治療は否定されています。念のため)


「美容外科は精神外科だ」と比喩的に言われることもあるらしいですが,この先生,「精神外科」がかつてどんな意味で用いられていたかも知らずに言ってるんじゃないかなぁと思ったりします。

いずれにせよ,人の不安につけ込むような商売をするために,真っ当な精神科医療を行おうとする者の妨害をして欲しくないものです。もちろん,患者さんたちの不安感を無駄に煽り得ることも,厳に謹んで欲しいものです。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する