邦題の功罪

以前から気になっていた本を買いました。

自閉症だったわたしへ (新潮文庫)自閉症だったわたしへ (新潮文庫)
ドナ ウィリアムズ Donna Williams 河野 万里子

新潮社 2000-06
売り上げランキング : 22076

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


自閉症の当事者の方が自身の半生を振り返りながら綴るエッセイ(で良いのかな?)です。昨日から読み始めているんですが,自閉症という障害を持った方のこころの動きを垣間見ることのできる良い本じゃないかと思います。

実はこの本,何年も前から知ってはいたんだけど,書名から,どうも「昔は自閉症だったけど,今はもうすっかり治りました」というニュアンスを強く感じてしまって,「自閉症という障害を謝った理解で扱い,気の持ちようで自閉症は克服できる!」みたいなトンデモ自己啓発本だと勝手に勘違いして敬遠していました。

昨日はゆっくりと書店を冷やかす時間があったので,手に取ってざっと前書きを読んだところ,そこには自閉症がどのような障害かについてもきちんと述べられ,とんでもない勘違いをしていたことに気付き,購入して読んでみることにしました。

そこで問題になってくるのが「邦題」。原著の書名は「Nobody Nowhere」で,どこをどう訳しても「自閉症だったわたしへ」にはならないような気がしますねぇ。まぁ意訳なんでしょうが,原題のニュアンスも反映せず,まして内容とも合致しないようなものにしてまで,どうしても邦題って付けなきゃいけないんでしょうかね?僕自身はおかしな邦題が原著の質の高さをかなり損ねているように思います。
関連記事

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する